婚活女性のためのファッション・外見・マインドのヒントをお届けします。120日で外見と内面から自信を取り戻す ”コンプレックスのない私”で結婚するための今までにない婚活サポート|名古屋を中心に全国対応

ポジティブマリッジ

婚活 結婚相談所

私が婚活を仕事にしている理由。

投稿日:

みなさん、こんにちは!

ポジティブマリッジコンシェルジュ 松井 智美(まつい ともみ)です。

 

 

私は、名古屋市在住です。

主人と2人で思い描いた幸せな生活を歩んでいます。

松井家の写真。
リビングが一番居心地がよく
いつも2人、ここで一緒にいます。

 

 

 

休日の過ごし方ですが、主人も私も同じブランド好きなので、よくデパートに2人でいます。

お店の人に見つけられては「お二人ともいつも一緒にいますね」と驚かれるほど。

価値観は自分と同じ人を探すのではなく価値観を認め合える人と出会うことが一番!

今では幸せな私は、現在43歳。
29歳で婚活をスタートをさせるために、結婚相談所に入会しました。

本日はそんな私の過去に起こった、自分の人生至上最悪な出来事と、今やっているお仕事、私の志命について少しお話させてください。

 

前職は医療事務。今と全く関係ない職種でした。

 

大学を卒業後、23歳からずーーーーーっと、医療事務だけの仕事です。OLさんが羨ましい!と感じるほどに、私は医療の仕事しかしていませんでした。

窓口対応から、裏方の経理的なことや、長年の職歴をかってもらい事務長まで。この仕事を20年弱も関わるとは、私自身が思っていませんでした。
なぜなら、私は極度の人見知り。というか、学生は引きこもりな人生でしたので、人と対面する仕事なんて、私ができるわけがない!と思っていたのです。

ところが、就職氷河期のおかげで?、やむなく、医療事務しか就くことができず、気づけば、こんなに長くいたこととなります。

学生の頃の人見知りな性格は、この医療事務で克服できたと思っています。ツライこともありましたが、今では感謝している仕事です。

そんな私は、小さい頃から、『社長になりたい!』という夢を持っていました。すごく漠然としていましたが、自分の会社を持つという夢です。40歳という節目に必ず起業をしよう!と決めていました。

 

今ではネタとなる人生最悪の出来事は、婚約破棄

今でこそ、ネタになっていますが(笑)29歳で婚活していた私は、結婚相談所に入会した後、婚約しました。
婚約したので、もちろん結婚相談所は退会。退会料も払い、結婚式場を予約し、ドレスも試着し、指輪も買っていたところ…。ある日、婚約者からの1本の電話で婚約破棄となってしまう出来事が…。

▼松井 智美に起こった婚約破棄事件!その原因や詳細を知りたい方はこちらをチェック!▼
https://intellectbeauty.com/worry-marriage/cancellation/

結婚式の費用が、キャンセル料で一変に吹っ飛び、私の婚活人生は、振り出しに戻りました。

こんな出来事が幸か不幸か?今では、私の人生を大きく変えることとなった出来事です。今でも信じられないのですが、あの時の苦労が、誰かの助けになっていると思うと、不思議でたまりません(笑)

 

私が、どんな大手の結婚相談所にも負けじと戦えるとしたら、まさに!!婚約破棄を経験したことです。
何億と稼いでいる大手の結婚相談所や、何千人と会員数がいる大手の結婚相談所を相手に、たった1人起業家の私にも、婚活女性から選ばれる理由があります。

それは、男性と出会うための環境ではなく、婚活女性自身の問題を解決できる策があることです。

大手結婚相談所ではなく、一個人の私の元へ女性たちが訪れる理由。

”松井智美の詳細”をもっと詳しく以下の記事に書きましたので、ご覧くださいね!

 

 

29歳の時。結婚相談所に入ったのに、婚約破棄になった話

私といえば、婚約破棄事件を、もはや『ネタ』にしてしまっているのですが(笑)
それは、今、実際に婚活している婚活女性たちには、絶対に私のようなツライ思いをさせたくないからです。

29歳の頃、そろそろ結婚でもしたいと思っていた私は、結婚=結婚相談所としか思い浮かばず、相談所へ入会します。
その頃、頑張って頑張って婚活したら、超絶!理想の男性と出会えたのです。

学歴よし!大手企業!高級車に乗っていて、年収も理想通り!

そんな男性と婚約し、晴れて結婚相談所を退会しました。

ところが、私は結婚=◯◯だと思っていた事で、婚約者からの電話1本で婚約解消となってしまいました。
私が間違ってしまった婚活とは?

次に続きます!

 

結婚=我慢だと思っていたら、婚約破棄になったぞ!

この男性を逃すと、結婚できなくなる!
そう感じていた私は、婚約者との距離が縮まらないまま、結婚準備をスタートさせました。

”距離が縮まらない”とは、1つ1つの決め事に対して、お互いがどう思っているか?を聞かない状態。
非常にシンプルな事なのですが、お互いに気持ちは探り合いでした。

「わがままを言ったら、相手から嫌われる!」と思っていたので、私は我慢の連続。

ドレスを決めるのも、なんだかギクシャクして、本当は着たくないドレスで我慢…。
式場を決めるのも、イメージとなんか違うけれど、相手は予算をどう思っているのか?聞いたら失礼だから、我慢…。
結婚指輪を買ってもらったけれど、この時点で相手との気持ちがすれ違いすぎ…。

何を決めるのも、すべて我慢。
我慢というより、『相談をしなかった・できなかった』のです。

結婚前でも、こんなに相談できない2人が、上手くいくわけがありませんよね?(笑)

 

 

もう、君とは結婚できない!という電話1本で、婚約破棄になったぞ!

↑イラストは、崖っぷちですが、私は婚約者からの1本の電話で、崖から落ちました(笑)

ある日、婚約者から電話がかかってきました。その電話で「もう君とは結婚できない!」と、本当にそれだけで、音信不通。
あとは、両親を巻き込む大騒動!!結局は、婚約破棄となり、お金は全部無駄に。

式場もキャンセル、ドレスもキャンセル。もちろん指輪もキャンセル。
キャンセル料で、全財産を失いました!

色んな方から、「なにが原因で、婚約破棄になったの?」とご質問をいただきますが、この質問を答えるために!
次からの婚約破棄にならない、婚活のまとめを、お読みください(^^)

 

圧倒的な会話不足は、婚約破棄になる

 

相手に自分の思いを伝えようとしても、言いにくい…。自分が我慢すれば、相手にも失礼にならないから言わない…。

そんな遠慮はいらない!察してほしいという気持ちほど、男性には伝わりません。

男性との会話ほど、大切なものはありません。
ただし、伝え方は大事ですね。LINEではなく、会った時に会話しましょう。

LINEやメールは、相手に感情が伝わりにくく、相手がどう思っているのかも伝わってこない。
実際に会って話せる相手じゃないと、余計にこれから先が不安になりませんんか?

LINEやメールは、日程調整や日程の確認程度にしておくのがベストです。

 

男性には、聞いてはいけないことなんてない!!

たとえば、男性と出会った初期の頃は、聞いてはいけないことに、気を使います。

先ほどの会話不足にもつながりますが、真剣に将来を考えている関係だからこそ、聞いてはいけない事なんてありません。
だけれど、聞き方や聞くタイミングは大事。

ずっと気にして結婚式を迎えずに、婚約破棄になるのか?お互いに尊重して、悩みを解決できるように成長するのか?

どちらがお互いの未来にとって幸せでしょうか?

今はまだ、お互いに成長期。
みんな、お互いに出来上がった熟成した人間のように、男性の完璧を求めますが、婚活は誰もが成長期。

伝え方も失敗したら謝ればいいし、相手が謝ってきたら許せばいい。
こうしなければいけないというルールに縛られるのは、やめましょう!

あ、結婚してからも、成長期は続きますけどね!(笑)

 

男性を条件で選んだら、条件で苦労する

私が一番、元婚約者の方に、ときめいてしまったのが経歴でした。
たった1枚の釣り書きから、とーっても理想の男性と出会えた!と大喜び(ひとりでw)

苦労して婚活した甲斐があったなーと思う反面、なんだか何事もイマイチ気持ちがすれちがう…。

婚活アドバイザーさんから「決まる時は、何事もあっという間に決まっていく」という言葉に違和感を感じていました。
だって、なーんにもスムーズに決まらなかったから( ;  ; )

ただ、私の気持ちさえ我慢すれば、必ず幸せになる!と信じていたので、あまり好きじゃない見た目も我慢。

「ここさえ我慢すれば、きっと幸せな、楽な幸せが待っているはず!」と思っていたら、何も手に入りませんでした。

結局は、条件で選んだせいで、条件で苦しむ婚活となってしまったわけです。

 

本気の男性は、何があってもあなたを嫌いにならない

1社目の結婚相談所で、婚約破棄になり、2社目の結婚相談所で主人と出会いました。
婚約破棄の経験から、今度は、わがままなくらいに生きてやろうと思ってました。

結果、どれだけ私がわがままを言っても、主人は平気。

女性がどれだけわがままを言っても、男性がめちゃくちゃ本気で結婚したいなら、何があっても嫌いにはなりません。
男性が結婚する!という覚悟は、それほどまでに腹をくくっている証拠なのですよね。

 

まとめ。婚活は男性と出会うばかりが婚活ではない!

後悔のない人生を送るためには、お互いに共に成長していくことが大切。

片方だけの意見を貫くのではなく、意見を言っても、お互いに不幸にならないための考えを出し合うこと。
ということが、ようやくわかってきた結婚13年目。

だとしたら、みなさんは本当にまだまだ成長過程。そんな2人が出会うのですから、色んな事があっても理解できますよね?

何かあっても話し合える仲って最強のカップルです(^^)

ほとんどの結婚相談所では”出会いこそ婚活”としている中で、唯一、私だけは『男性と出会うことばかりが婚活では無い!』と日本中どこを探してもほかにはいないほど、強く言っているひとり。

 

もうこれ以上、私みたいな婚活でツライ思いをする女性を、世の中からなくす!!

 

私の婚約破棄事件は、今の私に深〜く結びついています(^^)

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

私がどうして今の仕事をしているのか?ご理解いただけましたか?

次は『私が結婚相談所をしない理由』については、こちらから飛べます!▼
https://intellectbeauty.com/action-marriage/my-job-2/

 

-婚活 結婚相談所

Copyright© ポジティブマリッジ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.